K2産ヒマラヤ水晶

K2(ケーツー)は、パキスタンと中国との国境、ヒマラヤ山脈に属するカラコルム山脈の標高8,611mの山。世界第2位の高峰として知られています。

K2は奥地にあるため人の目に触れることもなく、長い間、名前もありませんでした。
「K2」の名は、19世紀後半に行われた測量の際に付けられた測量番号がそのまま名前として残ったものだそうです。
ちなみに、K2の「K」はこの山が属するカラコルム山脈の頭文字です。

K2は世界一登るのが難しい山であると言われています。
そのせいかK2産の水晶は稀少で、特に高品質の水晶は頻繁には入手できません。

心なしか、ことさらに無垢に見える水晶は、わずかにインクルージョンを含むものの、育った場所の清らかさを感じさせる、とても美しい透明水晶です。

SSLショッピングカート当店では、お客様の個人情報を保護するため、専門業者による安全・安心の通販システムを採用しております。